就職活動

就活は感じの良さで決まる?

そこそこの規模の企業で採用を担当している友達がいます。飲み行ったときに「どうやって採用する人を選ぶの?」と聞いてみたら、そんなのフィーリングに決まってるじゃんと言われました…。

もちろんSPIなど採用のプロセスは決まっているのですが、それで誰を採るから論理的に決めるのは無理だそうです。それで最終的には面接で直接話したときの感じの良さで採用・不採用を決めているのが実情のようです。

もちろん明らかに駄目な学生は早期に選外になるのですが、最終的にはいろいろな要素が同じくらいの学生が並ぶので最終的には“感じの良さ”が判断のポイントになっているということでした。

また大体どの大学生もありきたりで同じようなことを言いたがるので、ちょっとした工夫をすれば簡単に差別化できるようですよ。事前に考えたことを喋るのに一生懸命で面接官とのコミュニケーションがとれていない学生も以外と多いようです。

私にはこの企業は無理だろうな…と思っているようなところでも「感じがいい人」という印象を与え続けられれば案外内定をゲットできるかもしれませんよ。

就職活動の面接で好印象を与える方法

-就職活動
-